2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりと始まり3

ちょっと間が空いてしまいました・・・。
パタパタとしていたもののシオンと旦那ちゃんは落ち着いた感じで。

意識が上がってきて、

「あれ?目開いてる?」
「上半身だけおきてない?」

なんて話はチラホラしてたのだけど、二人とも自信がなくw

でも彼の思考や話しかけられたりしてることは
なんとなーく分かるくらいにまでなってました。

* * * *

去年、たくさんのお友達からプレゼント便が届いた時に
デセルさん本体さんが「しおんさんへ」と作ってくださったのがありまして。


_写真(1)



その時は、旦那がいる。でもまだ寝てる~。くらいだったので進展もなかったし
しおん自体も殆ど表に出てなかったので、実は「おぉ、しおんの事覚えててくれたんだ!嬉しいw」と
ちょっとビックリしたくらいだったのですがw

ずーーーっと、この剣の使い方を探していて。
きっと、旦那が起きるために必要な何かなんだろうなぁとは思っていたのです。

作ってくださった方に、これを巻き巻きしている時に感じたことなんかを聞きつつ
最終的に思いついたのが、「旦那ちゃんの代わりに島の原動力にする」というものでした。


今までずっと旦那ちゃん自体が島の原動力になっていたので
意識が浮上してきて、言葉のやりとりもできるようになってきたし、
この剣を旦那ちゃんの横に置いて、原動力の引継ぎのようなことを始めたのが2週間前。


今、ちょっと遡ってみたら、本当にぴったり2週間前だった!w


そして今日、旦那ちゃん本体さんと話している時に

「立ってるよね!?」

という会話に。


シオンに手を取ってもらって
反対側横にはルカが支えるようにサポートで立っていて
少し歩きながら島の景色を眺めてるイメージがきました。


わーい!


ということで、旦那ちゃん、本起床ですw
良かったー。
これからはリハビリしつつ、エネルギー回復に専念してもらわないとねっ。

剣のほうも安定した感じで原動力となってくれています。
作ってくださったデセルさんの本体様に大感謝です>< ありがとうございます~(涙。

* * * *

名前のほうも思い出しました。

シオンは、旦那ちゃんの意識が上がってきてから急に呼ばれた

「シフォンレーン」

という名前。


旦那ちゃんは、今日、起きたね~と会話してた時にふと思い浮かんだ

「シュエスターン」

という名前。


オレノターン!!!

言ってみたかった。やっぱり。


旦那ちゃんが起きたことで、一番変化が出てくるのはやっぱり本体さんのほうだし
それを受けてシオンも変化があれば私にも変化はあるだろうし。

最近またずっと「変化」と出ているので
ワクワクしながらその波を楽しもうと思います。


スポンサーサイト

終わりと始まり 2


前回、「終わりと始まり1」の時よりぐぐぐっと進みました。


旦那ちゃんが、島の原動力になっているのでは

とかそういう推理はとりあえず置いといて、
まずは「起きるぞぅ」という準備が勝手にどんどん進み・・・。


ここ最近は、私(シオン本体)のデトックスがあって
ネガネガが連日続いてました。

なんで私だけ?
と疑問に思ったりもしたのですが

シオンは、旦那ちゃんが寝ている間はずっと起きていて
いわば二人分(私とポコ)の転生をずっと見守ってきたので
シオンなりにやっぱり色々と積もらせてきた感情というのがあって。

あー、でも今書いてて
だから花園ルカ(ポコ側の過去生)って
旦那ちゃんの代わりにというか
しっかりしてるし、見守る感じだし
あー、なるほど(独り言)


それを吐き出してクリアにすることで
旦那ちゃんを迎える準備も整うのかな・・・と推理w

ということで、シオン含め今まで出てきた過去生のネガネガがドーンっと出てきて
頭も心も「誰が誰の?!」ってくらいごちゃまぜになっていたのです。

それを「書け!」とマイコーに言われたので
ポコちゃん限定で全部吐き出し、だいぶスッキリ。


寂しい
護られたい
必要とされたい
愛されたい


という感情は、シオンには邪魔だったのですよね。
一人でいるには強くなければいけなかったのかなと。
だから、それを転生を通して

護りたい
愛したい
頼られたい

っていう気持ちとして突き通してきたのかな。
その間に色々な経験をして「取られたくない」「失いたくない」「取り残されたくない」「対等でいたい」などなど・・・
きっと、私に限らず誰しもが持っているであろう感情なんだよね。

そういうのを、吐き出して・・・

あとは、待つだけ。
愛と喜びと、たくさんの笑顔で。

シオンの島には、今まで出てきた過去生達が勢ぞろいしているようで
皆、旦那ちゃんの顔を覗き込んだり
島を散歩したりお昼寝したり
話し込んだり

待ってますw


早く起きないかなー!

これ・・・周りから見たら、きっと大げさなんだろうなww
いいの・・・一大イベントなんだからっw








終わりと始まり 1


クリロズ&宇宙散歩に引き続き、
ほぼ自分専用メモ&記憶整理記事です。

ーーーーーーーーーーーー

前回の宇宙散歩の話の流れで

「シオンとシオン旦那は、花園(シエル&ルカ)よりも前の人達かもねー」

という会話になりました。


シオンの旦那さんは、私がシオンを感知し始めた時から
ずっと眠ったままでいる、というのはわかっていたのだけど
その理由と起こし方がわからずw

他の過去生とかは割と記憶がポロポロ出てくるのに
シオンはふと思い出しても、今のイメージだけ。
あとは他の人に「シオンさんは」と言われて
「あ!いたね!」って思い出すくらい、忘れちゃう過去生で…

ポコ(シオン旦那の本体)と話していて、

「浮島(星)の原動力が必要で、シオン旦那は何かと引き換えに
自分のハートチャクラ(エネルギー)を島の原動力にするっていう
取引のようなものをしたのではないか」

という流れになりました。

ここら辺は、まだまだ漠然とした、ほぼ推理に近いような
でも記憶としてもあるような部分なので
自分達にもわからないけどですが。

で、旦那の名前を思い出せないのは
その「取引」をする時に相手に預けたからではないかな、と。

たぶん、シオンって名前も私が勝手につけたので
彼女の本名も預けちゃってるのかな、とか。

取引前の記憶も、預けちゃったのかもね。

名前や記憶がどちらかにあれば、
いくら眠っているとはいえ、感情に影響はあるわけで。
ツインコードを通して、シオンの感情も伝わってしまったり。

ハートチャクラを原動力としているのだとしたら
影響がでれば安定しないからね、島が。

と、推理中。



で、今生の今の時期が
その取引を終了して、旦那ちゃんが起きても良い時期なのかも。


だからって、何をしていいかがわからないなう←

取引の理由、
チャクラを引き換えにシオンと旦那が得たものは
本当に本当に確信ゼロなので
まだ書けないけど。でも、そうなのかなぁっていう流れはある。


いや、今書いた取引についても確信ないんだけどw

でも、まぁしっくりくるというか
この流れで考えてくと

「あぁ、だからアレはこの影響か。」

とカチッとピースがはまる部分もあって。

とりあえず、
シオン夫婦は、大元の白い人にかなり近いのではないかねぇ

という感じで。


旦那の起こし方がねぇ。
わかればね…

でも、本体達の意識が「戻ってる」気がするので
あと少し、なんだろうな。

上からのヒントは、

・不要なものは手放す
・直感や自分の気持ちを信じる
・周りに頼る
・ハートチャクラ
・ツインフレイム

です。

周りに頼るってのが…
誰かシオン夫婦の知り合いがいましたらご一報を←

と、書いている間に、ちょうど今、
石井ゆかりさんの来週の空模様が更新されました。

http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/week/20120220total.html

・22日の新月
・新しい動きと、一年くらい前の新しい動きとが
    ふわっと前後してかかわりあう、というようなイメージ
・昔の出来事が今明らかになるとか、
    未来の出来事を先取りしたような出来事が現在起こるとか


なんかヒントいっぱい!

んーーーー

何かはきっと始まるんだよ。

何かはw

満月、そして日の差した日

シオンが住む浮島は、彼女が出てきた時から「夜」でした。

感知すると必ずそこは夜の島で、
風が弱い時もあれば強風の時もあって。

暗闇の中、精霊とランプの光を頼りに
家のすぐ前にある一本木の下へ歩いていって
そこから景色を見るのだけど(家が丘の家にあるので)

見えるのはいつも、月と星と、ただ静かな森でした。

彼女には旦那さんがいて
彼は家の裏に広がる森の中の
たぶん、浮島の原動力になってる場所で眠ったままなのですが
彼に毎日会いに行くときも、必ず夜で。

草花の手入れや、一人紅茶を飲む時
今考えればずっとずっと、夜だった。


そして今日の満月の時。
満月になって15分くらいした頃に

いつもの一本木の下に立ち、丘からの景色を見るシオン。

その視線の先に、大きくて光り輝く太陽が顔を出す。

そんなイメージが降りてきました。


日の出は徐々に島全体を明るく照らし
その光はとても優しくて暖かくて

シオンはそれを見届けながら
周りにいた精霊たちに

「おはよう。朝が来たわね。」

と一言だけいいました。


さて、これが何を意味するのか
本体にはさっぱりわからないのですが←

妄想かなと思ったけど、感知する島はとても明るくて
蝶や小鳥が飛び回り始めているので
きっと、朝が来たんだろう。

何かが終わって何かが始まったのだろうな。
そんな気がします。






風と遊ぶ

見渡す限り、腰の辺りまで伸びた草原

遠くに小さく見える山と山の間にまたがる大きな夕日

オレンジ色に染まった草原に一人立って

両手を横にまっすぐに伸ばす

力は入れず 指先は自由に

くるっとゆっくり回ると

ふわっと風が頬をかする


もう一度 くるっと回ると

そのテンポに合わせて 風が流れる

柔らかいウェーブの髪が踊る


腕にぐっと力を入れて

その場でバレリーナのようにくるくるくるっと勢いよく回ると

柔らかだった風が ビュンッと音を立てて周りの草を駆け抜けていく



ストン

その場に立ち止まって 深呼吸


腕を胸の前に持ってきて こぶしを強く 強く握って

目を閉じて 力を込めて

集中して

んー えいっ

とエネルギーを発散したと同時に


ぼわんっ

という音と共に真上に風が突き抜け 髪とドレスが揺れる

その直後 風が戻ってくる

そのまま地面まで風は直下し 

土をなぞるように 物凄い力と速さで

自分を中心に円を描くように

波ひとつない水面に水輪ができるように

風が草原を伝って大きく大きく円を作る

やがて風が弱くなり


静かに目を開けると 陽はすっかり落ちて

空にはたくさんの星が流れていました。



-----------------


シオンが10歳くらいのときの記憶。
子供のころの記憶はこれしかまだ出てきてません。

風使いだったようで、
こうやって一人風を作って遊ぶのが好きだったかなぁ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yuma

Author:yuma
スピとか覚書。

twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

初めまして (2)
花園シエル (4)
神殿シエル (2)
カイン (10)
ソル (3)
レンツォ (3)
シフォンレーン (5)
ロイス (1)
双子 (2)
ヒトリゴト (28)
ツインゴト (7)
たからもの (4)

月別アーカイブ

最新トラックバック

木が増える

ふふ…

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。