2012-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かな午後

暖かな日差しが差し込む、こじんまりとした部屋。


ベッドに腰かけながら、テーブルに広げた書類を手に取り
パラパラと目を通しながら黙々と仕事をこなすルカ。

向かい合うようにして地べたに寝転がり、
新しく借りてきた大きな本をシエルが読んでいた。

床がひんやりと冷えるものだから
うつ伏せになってみたり
コロンと寝返りを打って本を持ち上げながら読んでみたり
でも、本が重くて腕が疲れちゃうからうつ伏せに戻ったり・・・。


仕事に集中しているようだったルカが急に声をかけてきた。


「そんな所じゃ、体が冷えない?
こっちの方が暖かくていいよ。」


「うん・・・」

でも、と喉まで出かかってそれを飲み込みながら
本を持って立ち上がり、ルカの横へ座った。


ふふっと笑顔をこちらに向けながら

「もうすぐ仕事がひと段落するから、
そしたら外に散歩でも行こうか。」

と言うルカに、

「うん・・・」

と視線を本に向けたまま答える。



ここに、座りたくないんだよなぁ・・・



本当はそう思っていた。


ここは、暖かすぎる。

入ってくる太陽の光も
座っているベッドの柔らかさも
隣に座るルカの空気も

ここは、暖かすぎる。


だめなんだ。
暖かいのは。

だって、あまりに暖かいと・・・










・・・ぐぅ。




という寝オチ記憶。





スポンサーサイト

# 孤独感


本当は、

魂に刻み込まれた孤独感の大きな一部がどこからきてるかなんてわかってる。


でももうこれはどうしようもないことで
自分にはどうにもできないことだと
とある出来事の時に一線をしっかりと引いたのだ。


追う という選択も
手放す という選択も


どちらも間違っていない。

ただ、どちらかにしたなら
それを徹底しないといけない。
中途半端でいると、いつまでもその事が後をついて回る。


納得できずにいた感情
罪悪感と喪失感に飲み込まれていく自分


それらは、きっといつまでも忘れないのだと思う。
そしてその時から感じていた孤独感。


長い時を経て

失う

という感情を再度、この魂に刻み込んでしまった。


だから、何もかも全て手放す。

手放した先に光があることを祈って。

自分と

そして貴方が

それぞれの道を歩み、それが最善のものとなるよう祈って。





遠い過去 

神殿には、建物のそばにいくつか水の溜まり場があって(確かw)
泉や池と呼ぶには小さいその水場に座って本を読むのが好きだった。

底は魔法がかかっているかのように青白く光り
覗き込めば眩しいけれど、そっと包み込んでくれるような暖かな灯りが
水場の周りを優しく照らしていた。

水場の淵に綺麗に並べられた石の上に座って本を読んでいると
蛍のような黄色く小さな光の珠が浮いては消えて
その光もまた、目で追う文字を照らしてくれてたような気がする。

シエルには友達と呼べる子がいなかったのだけど
本を読んでいるとたまに隣に座ってくる男の子がいた。

「今日は何を読んでるの?」

「神官に関して。」

「ふーん・・・ ねぇ、皆と遊ぶんだけど、来る?」

「・・・・・いや、いい。」


そんな会話しかしなかったかな。


家族を失って、それを自分の目で見てしまったので
「依存する」「手にする」ということに恐怖心があって・・・

ということに、最近気づいたんだ(白目。


本当は、友達の誘いに「うん!」と答えて
本なんて放り投げて
友達と一緒に遊べたら良かったのに

それができずにいたのは、

友達ができて、心を許して、寂しさや辛さが喜びや幸せに変わった時
またそれが一瞬にして消えてしまったら。


また自分は独りになるんだろうか
全てを失い、次はどこに行くんだろうか
独りになるかもしれないなら、独りでいたほうがいい。

という思考回路になったようで。

神事の時は、確か一人で建物の二階くらいの高さから人や舞台を見下ろしてた気がする。

こんなにたくさんの人がいるのに
いつもルカは自分に優しくしてくれるのに

やっぱり、独りなんだなぁ

そう思ってしまったのは何故だろう。


また失うのが怖い
頼りたくない
依存したくない
手にしたくない


そう思うのとは逆に、本当は
シエルはルカに頼り切っていて
自分の実の兄のように慕っていて

しらないうちに、シエルの中でルカというのは
なくてはならない存在になっていたんだなぁ。



【陽の雫 87】 時移りの神事 1

カードを引くとき 相手の為に

カードを引くときシリーズ、↓の続きです。

カードを引くとき その1
カードを引くとき 自分の為に


今回は 相手の為に カードを引くとき。です。


私が誰かの為にカードを引く時、守ってることが

「了承なしではリーディングしない」

です。


カードリーディングというのは、カードを通してなので
ただそこから伝わるメッセージを読む、という風に思われがちですが
その「メッセージ」というのは、

その人の心とか環境とか、うーん・・・・

その人の「領域」

にお邪魔してしまう感じ。

なので、人の家には勝手に入らないのと同じように
カードリーディングも、相手に「いいですよ」と了承をもらってから引くようにしてます。
なので、たまに「旦那の分も」「友達のを」とお願いされることもあるのですが
「ご本人に先に了承を得て、できたらご本人からご連絡ください」と伝えてます。

ちょっと堅すぎ?


で、了承をいただいたら後は引くだけなのですが
ここからが説明しにくいな・・・。

私も、カードを引き始めて一年程度の初心者なので
あーだこーだ偉そうなこと言えないのですが(今更w


*ここからは特に「私の場合」です。


すんなり引けちゃう時と、どうしても引けない、引いたけど上手くまとまらないって時があると思います。

すんなり引けちゃう時というのは、
相手の方を守護してる存在や大天使に「お願いします」と言ってカードを引くと
特に問題もなくスルスルっと引けて、メッセージもスルスルっとダウンロードされます。


すんなり引けない時というのは、
相手の方を守護してる存在さんが、ぐぐっと強そうな時←
たまーに「ぬぅううう、お願いしますぅうう」と一人で机に突っ伏すときも。

ここはまだまだ私のスキルが低いからかもしれませんがw

でも、カードリーディングを「いいですよー」と来てくださったり
「引いてー」と来てくださったりする方々は
たいていは上でもOKサインが出ている、と私は思っているので(例外もあるけど)
そこら辺は「引かせてくださぃいい」とお願いすると引けたりします。


カードを引く時は、「直感」です。

・ビビっときた
・とりあえず引いた
・「これ!」と言われた

などなど。

色々なサインで引くカードを教えてくれる存在さんもいます。

今まで経験したのは、扱うデッキと引くべきカードに近づくにつれて
喉がぐぅっと締め付けられるようになり、目的のカードになると
「おぇっ」ってくらい喉に圧をくれた方とか(遠い目。

あとは心臓のドキドキ具合で教えてくださった方。
後ろから「うんと、これね。」って優しく指差してくださった方。

色々あります・・・。


さて、次は・・・なんだっけ。
「読み方」です。

これは本当に人によって様々なので、参考にならないかもしれないw


新月&旧正月

新月&旧正月でしたね。

我が家では木曜~土曜の夜まで、家族でお腹の風邪にあたりました。
マーライオンだし、ゲーリーだし、散々でした・・・が、

・子供二人の発症がずれた
・大人二人の発症が同時だったけど、子供が寝てる時間がピークだった
・週末だったので旦那が助かった(家事や子供の相手的に私も助かった)
・私がちょうど休薬日で、マーライオンでも大丈夫だった
・日曜の朝には回復して、家の大掃除と洗濯ができた

ということで、

下的には「不幸中の幸い」
上的には「旧正月前のぬかりない大浄化」

でしたね。ふふ。


そんな怒涛で意識が薄い中、

-いつか、「ごめんね」を「ありがとう」に変えられるといいわね。

と誰かに言われました。


ここ数日、とある出来事をきっかけに

本当に自分っていない方がいいんだなぁとか
何でこんなことになったんだろう。自分のせいだ。とか

相手に「申し訳ない。ごめんなさい。」という気持ちしかなくて
もうほんっとーに消えてしまいたい日々だったのですが。


でも、相手はそれでも

「いてくれてありがとう」

と言ってくれて。


その時は、そんなわけないやぁあぁあいぁあ!って自暴自棄が激しかったのですが
マーライオン中に誰かに「ごめんね」を「ありがとう」に、と言われて
あぁ、そうだな。と思ったのでした。


「ごめんね」と謝り続けて、元気がないよりも

「それでも、傍にいてくれてありがとう。」

と言いながら、自分の欠点や癖を直していく方が
自分にとっても、相手にとっても励みになるというか
気持ちの持ちようが違うよね。

感謝の気持ちがあるからこそ、頑張れる部分がある。

と、思ったのでした。


そんな旧正月。

空気が一段、ズレたような気がします。
上がったというか、ぐっとどこかに近づき
どこかから離れたような。

その「どこか」を決めるのは私たち自身であって
いつも一緒に傍にいる人でも、遠く離れた人でも
空気っていうのは一人一人いる空間が違うと思っているので

ぐっ 

と空気の引越しをしたことで、多少のズレが出てくるのかな。

でも、これは去年にも一度あって
その時よりは「大移動」というよりも「集結」に近いような
そんな感じがしました。


さて、これからどんな日々がくるかな。
ワクワクしながら、過ごそうね。





カードを引くとき 自分の為に


カードを引くとき その1は こちら


さて、大天使やら妖精やらハイヤーさんやら、守護してくれる存在を召還したら
ここでやっとカードを引きます。

エンジェルオラクルカードを作ったドリーン・バーチュー博士は
カードを引く前の浄化として

「カードをまとめて取って、背面をコンっとノックするように叩く」

って書いてます。

それでもいいし、両手で挟んでREFとか愛を送るとか。

初めて買ったり、久しぶりに出してきたカードなんかは
一枚一枚見ながら「よろしくお願いします」って挨拶したり。


まぁ、好きなように・・・


自分の為に引く時は、まず聞きたい事を考えながらシャッフルして引きます。

もうここからは、「勘」なので、
「こうなったら引きましょう」とか
「こう感じたらそこが引き時!」っていうのは人それぞれだと思います。

シャッフルしてる間に、

・ふと手が止まる。
・「ストップ!」とどこからともなく声が聞こえる。
・「もういいかな」と自分で思う。
・シャッフルし続けて疲れる。

などなど、


まぁ、好きなように・・・。

シャッフルしてる間に、一枚ぴょーんっと飛び出したりするカードを

ジャンピング・カード

と呼びます。

これは「このカード、重要だよ」と教えてくれているというサインなのですが
これも、「サインだ」っていうのと「明らかに俺のシャッフルが下手」っていうのがあって
慣れてくるとそこら辺もわかるかもしれません。

ジャンピングカードが出たら、とりあえずそっと隅にでも置いておいて。

カードを引きましょう。


ここも「勘」です。

・特定のカードになるとドキドキする。
 (または体:例えば頭や喉が反応する)
・どうしてもこのカードを引きたい。
・「これだよ」とどこからともなく声が聞こえる。
・特に何も感じないけど、とりあえず引く。


実は一番最後の「とりあえず」が大事だったりね・・・



次は「相手の為に引く時」を書こうと思います。

その次は「読み方」。


-------------------


今日はイリスカフェで、芋もちを作るそうです。
ジャガイモを茹でたり潰したり、食べたり、参加したい方はぜひイリスへ。







それでも

何億年経っても変わらない性格 #転生あるある


----------------


「それでも」


この手を離せずにいるのは

もうダメだ と口にしても

それでも

この手だけは離せずにいるのは


君と僕 だから。


----------------

カードを引くとき

あ、そういえば。


ブログタイトルの Somewhere between

英語では Somewhere in between が正しいです。

うん。


-------------------------


カードを引く時とかの話をたまにしようかなと思います。


今回は、「初めて引きます」とか「たまに引きます」っていう方たちへのおススメです。

オラクルカードやタロット等はよく

「低級霊が守護や天使のふりをしてメッセージを送ってくる」

と書いてありますが、もちろんそういうこともあるかもしれないし、
あとは自分のネガネガした部分や感情の波を
リーディングに影響させないようにするにも
クリアリングとシールドは結構重要なのかなと思いますです。


カードを引く時、一枚引きでもリーディングでも
まずはできるだけニュートラルな、ポジティブなエネルギーで家全部囲みます。
私がお世話になっているのは、レインボー・エナジー・フレイム。


レインボー・エナジー・フレイム(REF)
 (ブログ『のんびり、やさしく。』より)


REFを伝授されてない方、あまりイメージできない方は

白くてキラキラした光

で家全体をすぽっと囲むイメージをします。

うーん・・・あ!

家をシャボン玉の中にすっぽり入れる感じ。

エネルギーっていうと難しいけど「愛」です。

白い光に愛を混ぜて。


で、それが出来たら視界をぐぐっと家の中に戻して
家の中の部屋という部屋に(トイレも物置も)
白い光をばら撒きます。
押し込んでもいいです。

消火器みたいな物でプシュー!!としちゃいます。

ここまでは大体でいいです。
家が綺麗だなぁ、くらいで。


その次に、自分をすっぽり、さらに好きな色の光で包みます。

その時に、テーブルに座ってるときはテーブルごとすっぽり。

足元も忘れず、これまたシャボン玉の中に自分とテーブルが入るような。

好きな光の色は、やっぱり明るい色がいいのですが

白、ピンク、青、なんでもいいです。


んで、そのシャボン玉の中に私は大天使達と自分の守護天使を詰め込みます。

ミカエル、ラファエル、ガブリエル、ザドギエル、メタトロン、ハニエル、アズラエル等々

思い当たる大天使を呼んで「ちょっと入ってー」とぎゅうぎゅう。

ぎゅうぎゅう!!


これは、天使じゃなくてもいいです。

妖精とか、守護の方がわかってる人はその方、ハイヤーさん
頼りになりそうな過去生さん。


「護ってくれて、適切なリーディングをサポートしてくれそうな存在」



なのがポイント。



ふぅ。
長くなったので、続きは次回。
読む人いるのか?
参考になるのか?w




散歩

「散歩に行ってきます」


ママにそう告げ、ルカと歩き始める。

色とりどりの花が一面に咲く中を並んで歩くと
年が近くなったと言ってもやっぱり少し身長差がある。

森へ入り、泉へと向かう。

泉へは割りとハッキリとした一本道で
妖精や樹がサワサワと会話を楽しんでた。


優しい風や暖かな木漏れ日。

ルカの隣にいるだけで安定するエネルギーを感じながら

なぜか急におかしくなって「ふふっ」と笑ってしまった。


「どうしたの?」

「何でもないよ。」


どうしても笑ってしまうのが恥ずかしくて
少し下を向いて歩き続ける。

それでも、表情一つ変えない優しい笑顔のまま
シエルの横にいるルカ。


泉が見えた。


「小さい頃よく来たね。」


シエルが懐かしそうに呟く。


何一つ変わらない景色は
いつも自分を迎え入れてくれる。


ここで石を拾うのが好きだった。


ママと、とーさん
ルカと、サラ。


皆にあげる石を探しては、持ち帰っていたっけ。


「僕達も、変わっていないね。」

確かに変わった景色もある。
でも、それでも僕らはこうしてここにいる。
何も変わらず。



それでいいんだよね?




自分にそう問いながら、足元に光る石を拾った。





ーーーーーーーーーーーー


いつだか、シエルとルカで花園を散歩した時の様子です。
もっと会話をしましたが、いい具合に頭からこぼれ落ちました←


去年の今頃

急に天使について調べ始めた自分が、数ヶ月後… 去年の今頃、
とあるブログで見かけたイメージ誘導をやっていた。

そこに出てきたのは、白と黒の羽根が生えた男の子で
出会う大天使や世界樹に


「やっと戻ってきたね」


と言われたんだっけ。

もちろん、妄想だろうと思っていたのだけど
Twitterやmixiで新しい出会いがあって。

新しい、というより、懐かしい出会い。

あれやこれやと出てきた過去生がシエルでした。


それから一年、
ツインソウルやら他の過去生が出てきて
押し寄せる波に自分なりの努力をしながら向き合い
周りの人を傷つけ、そして自分も傷ついて

でもその度に、過去に解消できずにいた思いや
今も続いてる癖のパターンに気づいたりしました。

大切な人達への想いや愛。
上が見えるようになったからこそ、今の世界での視点や価値観の変化。


そういう色んなことをわかって、成長しているようにも感じるけれど
本当は「戻ってる」んだなぁ。

思い出し、解消し、自身の考え方や生活を改善することで
本来の自分に戻っているんだな。


と、一年。

ずっと、他の過去生に気を取られて
シエルと向き合ってなかった。

一年経った今でも、シエルはあの時のままのシエルで私の中にいる。

自分の事に頑固なところも
自分にやたらと厳しいところも
大切な人には弱くて、自分を見失ってしまうところも
早く大人になりたいところも

いつか、自分が相手を護れる存在になりたいと強く願う姿も

全部、一年前と変わらずにここにいる。

今年は、君と向き合う一年になりそうだよ、シエル。


「ふふ…」

って微かに微笑んで、黄色い瞳を細めてる。

この人は口下手だし、猪突猛進だし、大丈夫かな…

大丈夫だよね。うん。



1014

トーテムアニマル 『コウモリ』 所属を見直す

必要な組織・人間関係と、そうでないものを見分ける。
楽しんでいない組織や人間関係は手放す。

厳しい試練に直面している
人生に必要な変化をもたらし、より霊的に導かれた人生へと移行するための「誕生の痛み」

より強く、より賢く生まれ変わるべき時にいる。
あまりに長い間孤独を感じている場合は、人とのつながり、結びつきを持つことに目を向けて下さい。
心の中に抱えている怖れや、変化への抵抗を見つめてみましょう。そこには劇的な、そして多くの実りをもたらしてくれる変化を経験するというギフトがあります。


マハボテ 『希望』

このカードは、どんな嵐のときにも必ず安全な港があると思ってよいと伝えています。
あなたは、何があっても必要な体験しかしていないことを信頼してください。
希望に満ちたあなたの発想に、"疑い"を忍び込ませないようにする必要があります。
今は、自分に対する自信をより一層強く持って行動するときです。


なにみえ 『だいじょうぶ!』

あなたは正しい道を
進んでいます!
万事そのままでOK!

------------------------------

まだまだ続くな。

0112

トーテムアニマル 『タツノオトシゴ』 自由なジェンダー

社会的・文化的に固定観念として存在するジェンダー(性別による役割分担や、求められるあり方など)から自由になるという発想。
何らかの探索、巡礼、スピリチュアルな探求の旅などに出かけようとしているならば、やってくるチャンスに対してオープンでいなさい。



マハボテ 『Balance ― 均衡』

どんなに混沌とした状況の中でも、心の中に平静さを保ってください。
それが、均衡感覚を鈍らせない秘訣です。
心を平静に見つめてバランスを取ることができたら、そこから発生するあなたの行動は常に調和に満ちています。
それが、最もあなたの良さを表わすことになるでしょう。


なに見え 『豊かさ』
世界はあなたを愛しています。
豊かさの種は
あなたの手の中に。
両手を広げて贈り物を
受け取ろう。



オーラソーマ
http://artbeing.com/aura-soma/reading-B060-B107-B103-B054.html

------------------

一人の時間を作り、バランスを整えろってことか。

自由を手にする、というテーマは今年最大なのかもしれない。
どれを見てもそうだし。
新しい風、新しい変化がもたらすものは、自分自身の自由を手に入れるためっていうメッセージ。


1009

トーテムアニマル 『ペンギン』 夢、アストラル界の探索

明晰夢を見ることができます。夢の中で意識をたもって、夢の細部を意のままに変える。
アストラル・トラベルのような体外離脱体験を通して、意識のあり方を大きく変える学びのために良い時期。
ひとつのサイクルの終わりに来ています。たとえあなたが今なにか苦しんでいたり、耐えていたりしていると感じていても、自分にも他者にも愛情深く、思いやりをもって下さい。間もなくこの時期は終わりを告げる。

望みが試されるようなことがあったら、それはあなたの意志や目的が魂のそれに合っているかを確かめる良い機会です。あなたの望みが魂の望みと合っていれば、どんな試練がやってきても、あなたは楽々と乗り越えられる


マハボテ 『信頼』
このカードを引いたら、あなたが何を想い何を感じるかがとても大切なポイントです。
自分自身を押さえないで、心に浮かぶ直観をないがしろにしないようにしましょう。
その直感の伝えるところがあなたにとっての真実です。自らの叡智に敬意を払ってください。
それによって、あなたはもっと自分を信頼し自信を持って前に進むことができるのです。


なにみえ 『天使』 『自分を信じる』


1006

トーテムアニマル 『狐』 直感を信じる、季節との調和

人間関係は間もなく良い変化を迎える


マハボテ 『養育』

このカードは、あなたが心のケアにもっと時間と情熱を注ぐように警告しています。
今すぐ自分の心が求めている場所と休息を提供して、心に栄養をあげてください。
これからは心身のバランスを取りながら生きられるように、心の養育を心がけましょう。
あなたのアイディアとインスピレーションを大いに実生活で活かすときです。


なにみえ 『お掃除しましょ』 『新しい扉』

1005

トーテムアニマル 『トナカイ』 仲間との信頼

情面と霊性を癒やし、成長させる旅は近いうちに完結する。
持っている能力を充分に活用する時。
自分を制限したり、あるいは自分で自分を傷つけてしまうようなパターンを手放し
興味を引かれる学問の分野があるなら、それがなんであれ探求。


マハボテ 『点火』
このカードは、今直ちに行動を開始する必要があると告げています。
あなたが躊躇している本当の理由に気が付いていますか?
真にやりたいことができないで終わる人生よりも、恐れるものがあるでしょうか?
輝いて生きるために残されたことは、自分の心に点火して行動を起こすことだけです。


なにみえ 『NO FEAR』
恐れを手放そう。

クリスマスプレゼント

年が明けましたが、クリスマス記事w

クリスマス、上ではなんだかんだとプレゼント交換をしたようです。

一番最初に降りてきたのはカイン。

ラウルからのプレゼントは長方形の小さめな紺の箱で、その蓋を開けて中を見てニッコリするんですが・・・



中身を教えてくれないっていう。



どんなに頑張っても、中身見せてくれない・・・
なんだったんだろうw

カインもラウルに何かあげたはずなんだけど、ラウル本体さん曰く


「箱は見えたのに、中身が見えないw」



おいそれは仕様か?


ソルはジアーにネックレス。シルバーチェーンの。
ロイスはアーロンに、チョコだかなんだか・・・。

シエルはルカにハグ←


上は上でよいクリスマスを過ごしたようですw




0103

トーテムアニマル: イルカ 『スピリチュアルなガイド』
上の人達が見守ってくれてる。
人間関係には愛を持って。
インチャを癒す。

マハボテ: 勇気
変化の時。勇気を持って。


----------------------

マハボテは昨日と同じだった。

変化がくるんだろうなぁ・・・

またぁ?w

数字も555ばっかだし。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yuma

Author:yuma
スピとか覚書。

twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

初めまして (2)
花園シエル (4)
神殿シエル (2)
カイン (10)
ソル (3)
レンツォ (3)
シフォンレーン (5)
ロイス (1)
双子 (2)
ヒトリゴト (28)
ツインゴト (7)
たからもの (4)

月別アーカイブ

最新トラックバック

木が増える

ふふ…

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。